アストンマーティンAPACが社会貢献活動の一環としてアメリカの国際機関WGIをサポート

アストンマーティン・アジアパシフィック(以下APAC)が、世界の人々に良質な教育を提供することを目指しているアメリカの国際機関・WGIのスポンサーとなることが、東京青山にあるアストンマーティン青山ハウスにおいて発表されました。

WGIは誰もが読み書きができることを目指して人材や資源を動員している国際組織で、現在Read and RiceとYou Can Readという2つの主要プログラムを運営し、受講者の読み書きの能力向上をサポートしています。

ニューヨークに本社を置くWGIは、これまでニューヨーク、ロサンゼルス、香港、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタと、2つの大陸のまたがる6つの都市で事業を展開しています。そして今回7番目の都市として東京が選ばれ、渋谷区にある笹塚子供テーブルで活動を開始することとなりました。

発表会のスピーチで、アストンマーティンAPAC代表のパトリック・ニルソン氏は個人的な見解としたうえで、「地域社会に参加し、貢献するには十分な識字能力が必要だと考えています。また、英語の能力は友情を築いたり、仕事を獲得したり、欲求を満たすなど効果的なコミュニケーションを行ううえで、今後不可欠になるはずです。現在でも多くの人々が「当たり前のこと」だと考えている、読み、書きの能力が持っていない人をなくすために活動しているWGIを今回サポートすることができとても嬉しく思っています」と話しました。

WGIを設立したチャンス・ウィルソン氏は、14歳のときにクラスメートの何人かが読み書きができないのを見て、読み書きのできない人をなくすことの重要性を認識すると一人で活動を始めたそうです。

そしてチャンス氏は「世界有数のブランドであるアストンマーティンAPACから経済的な支援およびブランドサポートを受けることで、私たちWGIはさらに成長し、活動の場を広げることが可能になります。WGIの全スタッフを代表してアストンマーティンAPACの支援に感謝します」とスピーチしました。

発表会ではWGIのロゴをあしらったアストンマーティン・ヴァンテージがアンヴェールされ発表会に華を添えました。誰もが読み書きができるようになる良質な教育を提供したいと考えて活動している19歳のチャンス氏を、潤沢な資金力と強力なブランド力をもつアストンマーティンがサポートすることにより、WGIの活動は一段と加速し誰もが読み書きできる世界の実現は早まりそうです。

(萩原文博)

『アストンマーティン』の最新記事
アストンマーティンDBX外観01
106年の歴史を誇るアストンマーティン初のSUVモデル・DBXが2299万5000円で発売【新車】
スペックは公道を走れるF1! ボンドカーとして銀幕デビューが決まった「アストンマーティン・ヴァルハラ」
新CIを採用したアストンマーティンのディーラーが歴史のある横浜・山下町にオープン
世界限定210台の「ラピードAMR」が青山のアストンマーティン東京で10月14日まで展示中
【新車】アストンマーティンが英国セント・アサン工場をEVの生産拠点に。初のSUVの生産も2019年後半に開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事