【新車】フォルクスワーゲンのスモールハッチモデル「up! GTI」が再登場!

●発売後、即完売になった「up! GTI」が復活。機能追加でより魅力的に

2018年に日本に導入されたフォルクスワーゲンの限定車「up! GTI」は、MT専用車としてコンパクトなボディサイズにスポーツチューンされた機敏な足まわり、軽量ボディを活かした元気な走りなどが魅力で、限定600台がまたたく間に完売になったのは記憶に新しいところです。

そのup! GTIが特別仕様車としてカムバックしました。2019年2月13日に発売された特別仕様車の「up! GTI」は、昨年の装備に加えて、新たにリヤビューカメラ、力強い低音から澄み渡る高音まで楽しめるプレミアムサウンドシステム“beats sound system”が装備され、安全性と快適性を向上。また、ボディカラーの新色として「タングステンシルバーメタリック」が採用されているほか「ピュアホワイト」を設定しています。

搭載されるエンジンは、1.0LのTSIエンジンで、前回同様に6速MTが組み合わされ、最高出力85kW(116PS)、最大トルク200Nm(20.4kgm)というスペックになっています。

外観は、ラジエータグリルの赤いストライプやタータンチェックのシート柄などGTI伝統のエクステリアやインテリアが踏襲されるほか、ダイナミックな走りを連想させる専用17インチアルミホイールやスポーツサスペンション、レッドのブレーキキャリパーが装備されます。価格は2,299,000円です。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
67年前に日本に初上陸したVW Type-1 ビートルと記念撮影できる! カメラ見本市CP+で展示中
【フォルクスワーゲン・ポロTSI R-Line試乗】エコでパワフルなエンジンを積んだ本命グレード「TSI R-Line」の実力は?
フォルクスワーゲン グループ ジャパンがワーゲンバスを貸し出す「バスカスフェス」プログラムを開始
【フォルクスワーゲン・ポロTSI R-Line登場】ポロを買うなら「TSI R-Line」!? 遅れてきた「大本命グレード」

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事