新型アウディ Q3に最強モデル「RS Q3」が今秋にもデビュー。セグメント最強の420馬力を発揮

●大型ルーフスポイラーなど迫力のエクステリアとクラス最強の420馬力を装備

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV、新型「Q3」に設定されるハードコアモデル「RS Q3」のプロトタイプをカメラが捉えました。

豪雪のスカンジナビアでキャッチした開発車両は、大型のルーフスポイラーを装着し、極太のツインエキゾーストパイプが確認できます。サイドからはワイドなフェンダー、サイドシル、高性能ブレーキキャリパー、フロントエンドには、最強SUV「RS Q8」と同じメッシュパターンのワイドグリル、巨大コーナーエアインテーク、リップスポイラーが装着されています。

注目のパワートレインは、2.5リットル直列5気筒エンジンを搭載。「RS3」や「TT RS」同様に最高出力400ps・最大トルク480Nmを発揮すると予想されていました。これは現行モデルの367psから大幅なパワーアップですが、最新の情報では最高出力が420psまで高められる可能性があることがわかりました。

ライバルのBMW「X1」には「M」モデルの設定がなく、最高出力306psの「X2 M35i」では対抗できません。またメルセデスAMG「GLA 45」現行モデルは381psであり、新型登場までまだ時間がかかるため、セグメント最強モデルとなることは間違いないでしょう。

アウディは3月のジュネーブモーターショーで高性能「S3」の発表が予想されており、最強「RS Q3」のワールドプレミアは2019年秋以降に期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
高性能バージョン「M235i」か? BMW「2シリーズ グランクーペ」ド派手プロトタイプ登場
Aクラス初のPHVモデル、9月デビューが決定! その強力パワートレインとは?
ピックアップトラックにも「NISMO」が設定!? ハイパワーモデルで販売強化を狙う日産
メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事