新型アウディ Q3に最強モデル「RS Q3」が今秋にもデビュー。セグメント最強の420馬力を発揮

●大型ルーフスポイラーなど迫力のエクステリアとクラス最強の420馬力を装備

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV、新型「Q3」に設定されるハードコアモデル「RS Q3」のプロトタイプをカメラが捉えました。

豪雪のスカンジナビアでキャッチした開発車両は、大型のルーフスポイラーを装着し、極太のツインエキゾーストパイプが確認できます。サイドからはワイドなフェンダー、サイドシル、高性能ブレーキキャリパー、フロントエンドには、最強SUV「RS Q8」と同じメッシュパターンのワイドグリル、巨大コーナーエアインテーク、リップスポイラーが装着されています。

注目のパワートレインは、2.5リットル直列5気筒エンジンを搭載。「RS3」や「TT RS」同様に最高出力400ps・最大トルク480Nmを発揮すると予想されていました。これは現行モデルの367psから大幅なパワーアップですが、最新の情報では最高出力が420psまで高められる可能性があることがわかりました。

ライバルのBMW「X1」には「M」モデルの設定がなく、最高出力306psの「X2 M35i」では対抗できません。またメルセデスAMG「GLA 45」現行モデルは381psであり、新型登場までまだ時間がかかるため、セグメント最強モデルとなることは間違いないでしょう。

アウディは3月のジュネーブモーターショーで高性能「S3」の発表が予想されており、最強「RS Q3」のワールドプレミアは2019年秋以降に期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事