VWの新型EVクロスオーバー「ID. CROZZ」開発車両を初キャッチ!

●VWのEV専用ブランド「ID.」の3番手か? 新型クロスオーバーSUV

VWがEV専用「ID.」ブランドからの発売を目指している、新型クロスオーバーSUVのテストミュールをカメラが初めて捉えました。

捉えた試作車は「ゴルフ スポーツバン」をリフトアップし、厚いサイドシルが見てとれます。さらにエアインテークなど、異なったフロントエンドを持っているほか、EVのため排気管もないようです。ID.モデルには「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)プラットフォームを採用し、バッテリーが効率よく車両のフロア下部へ搭載されます。

「ID.」ブランドでは、初の市販モデルとして欧州BセグメントEV「Neo」(仮称)の発売を予定しています。それに続いてクロスオーバーSUV「CROZZ」を投入する計画を発表していますが、同時に姉妹SUVも計画していると見られ、その1台が今回捉えたプロトタイプの可能性があるようです。

パワーユニットは、前後アスクルに搭載される2つの電動モーターにより、最高出力306psを発揮し、最大航続は310マイル(約500km)と予想されています。ブランドの第一弾「Neo」は2020年発売とアナウンスされており、「CROZZ」は2021年以降となると予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ポルシェ タイカン スポーツツーリスモ外観_004
EVなのにエキゾーストパイプ!? ポルシェ初のEVワゴン「タイカン スポーツツーリスモ」をキャッチ
BMW i4外観_008
BMWのEV 4ドアクーペ「i4」市販型、航続距離は600km!?
セアト クプラ アテカ外観_004
スペインの高性能ブランド「クプラ」初のSUV・アテカが大幅改良
レクサス EVモデル ティザーイメージ
レクサス初の市販EVが初公開。「LF-30」市販型か?
メルセデスベンツ Eクラス オールテレーン外観_002
メルセデス・ベンツ Eクラス「オールテレーン」改良モデル、今度は官能的に、より強固なスタイルへ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事