【プロボックスハイブリッド試乗】ハイブリッド化の流れは商用車にも。その流れが受け入れらるかの「カギ」となる一台

●ハイブリッド歴20年のトヨタ、プロボックスハイブリッドも高い完成度

トヨタは2025年までに全モデルに電動ユニットを各車に投入する計画で、その流れは乗用モデルのみにとどまらず商用車系にも及んでいます。

そうした流れの1つとして、プロボックス&サクシードにもハイブリッドモデルが追加されました。プロボックス&サクシードは2002年に発売された5ナンバーのバン&ワゴンで、2014年のマイナーチェンジを前に2013年にはワゴンを廃止。現在は商用バンのみの設定となっています。

従来のパワーユニットは1.3リットルと1.5リットルのガソリンエンジンのみでしたが、今回新しいパワーユニットとして1.5リットルエンジン+モーターのハイブリッドシステムが加わりました。基本はアクアと同一と考えていいでしょう。

アクアはガソリンタンクが36リットルですが、プロボックス&サクシードは42リットルにアップされています。36リットルのままでは航続距離が足りないというのが理由です。42リットルにしたことで、航続距離はガソリンエンジンモデルと同等となっています。商用モデルの場合は、できるだけ営業所近くの契約スタンドで給油したいという要望も多く、航続距離の維持は重要です。

また、ハイブリッド化にともなってフロアパネルの更新が必要だったため、ハイブリッドモデルはガソリン仕様とフロア形状が異なります。ハイブリッドはFF専用設計としたことで、フロアトンネルが廃止されました。このためリヤシートの快適性はハイブリッドのほうが数段上になっています。

『トヨタ自動車』の最新記事
400万円級のGRヤリスが、約2週間で2,000台の予約受注【新車】
「日本発」にこだわるトヨタの気持ちが日本の産業界を変える
東京オートサロン2020
モデリスタの表現力にTRDの速さがプラス! 「こんなエコカーあったら即買い」がカタチになった最強のプリウスPHVが爆誕!【東京オートサロン2020】(PR)
トヨタがアメリカでの投資を拡大し、生産車種も変更へ
トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースの優れた乗り心地、操縦安定性に寄与するブリヂストン「デュラビス」【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事