トヨタグループの総力を結集。自動運転技術開発でDENSO・アイシンなど4社が4月に新会社設立へ

DENSOやアイシン精機など、トヨタ自動車系部品4社が自動運転の統合制御ソフト開発会社「ジェイクワッドダイナミクス」を2019年4月に設立するそうです。

各社の出資比率はDENSOが65%、アイシン25%、アドヴィックスとジェイテクトがそれぞれ5%となる模様で、新会社では自動運転車の動きをつかさどる「統合ECU(電子制御ユニット)」などを開発する模様。

日経新聞によると、発足当初の従業員数は約170人で、東京都中央区に本社を置き、DENSOの隈部肇常務役員が社長に就任。

さらにDENSOとアイシンは電動車向け駆動装置の開発・販売を手がける折半出資会社「ブルーイーネクサス」を4月に愛知県安城市に設立予定で、EV用のモーター駆動装置などを国内外の自動車メーカーに売り込んで行くそうです。

このように、トヨタではそれぞれの分野で強みを持つグループ企業の総力を結集して自動運転技術開発を進める考えのようです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

2020年の「自動運転車」実用化に向け、警察庁が道交法改正試案を公表
https://clicccar.com/2018/12/25/672984/

トヨタが東京海上と提携。事故データを自動運転シミュレーションに活用
https://clicccar.com/2018/11/01/646971/

トヨタが2020年代に向けた「電動化・自動運転」開発に年間2兆円超の投資!?
https://clicccar.com/2018/09/08/626700/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事