新型レクサス・UXが月販台数の約9.8倍となる約8,800台受注のスタートダッシュ。人気の理由とは?

■レクサスのSUVとしてはお手頃な価格も魅力

新型レクサスUXの初期受注の台数が発表されました。2018年11月27日の発売から約1か月となる2018年12月25日時点で約8,800台を記録しています。月販台数は900台と、トヨタ・C-HRの売れ行きからすると控えめですが、約9.8倍となるスタートはスムーズな出だしといえそう。

レクサスによると、好評なポイントは「力強く、俊敏な印象を与える大胆かつ洗練されたエクステリアデザイン」、「素材の質感にこだわり、レクサス独自の日本の美意識を取り入れたインテリアデザイン」、「視界が広く、都市における取り回しにも優れたパッケージ」、「新開発エンジンを含む最新のパワートレーンやプラットフォームによる俊敏な走りと上質な乗り心地」、「車線維持支援機能などを搭載し、安全性・機能性を追求した最新の安全装備」などとなっています。

レクサスらしい内・外装の高級感、上質な走りに加えて、日本でも取り回ししやすいサイズも支持されています。さらに、価格帯も3,900,000円〜5,350,000円というレクサスSUVとしてはお手軽な点も人気といえそうです。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事

【新車】レクサスRC Fがマイナーチェンジ。軽量化および最高出力向上でさらなる高みを追求
レクサス・LSのOEタイヤにダンロップのランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が採用
トヨタがカナダでレクサスNXの生産を開始。新型RAV4、レクサスRXとともに北米市場でのSUV拡大を担う
【新車】レクサス・NXが最新の「Lexus Safety System +」を装備。安全性の向上とドライバーの負担軽減を目指す
レクサスが日本の匠に焦点を当てたドキュメンタリー番組を3月19日から配信

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事