トヨタが東京海上と提携。事故データを自動運転シミュレーションに活用

高速道路での自動運転実用化を2020年に予定しているトヨタ自動車は、2020年代前半に一般道路も対象とした自動運転技術の確立を目指しています。

そうしたなか、同社は10月30日、東京海上日動火災保険と自動運転分野で提携したと発表しました。自動運転技術の開発で自動車メーカーと保険会社が提携するのは世界初となります。

自動運転車の開発では実車による走行実験のほか、開発期間短縮のため、シミュレーション技術を活用。

東京海上は200万件/年を超える事故原因に関するデータを蓄積しており、トヨタは自動運転用ソフト開発子会社TRI-ADと共に、東京海上のデータを元に自動運転環境をシミュレーションで再現。事故のリスクを低減した自動運転システムの開発に繋げるそうです。

一方、東京海上においても、自動運転車から取得するデータを元に、新たな保険商品の開発等に繋げる考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタがウーバーとの協業で「モビリティー・カンパニー」へと変革する!?
https://clicccar.com/2018/09/23/632255/

トヨタが2020年代に向けた「電動化・自動運転」開発に年間2兆円超の投資!?
https://clicccar.com/2018/09/08/626700/

世界の自動車会社に「自動運転技術」を提供へ。トヨタ系4社が新会社を設立
https://clicccar.com/2018/08/27/622284/