【新車】ハスラー、ジムニーに続くヒット作になる!? 期待のスズキ・スペーシア ギアは1,614,600円〜

2018年12月20日、スズキからスペーシア ギアが発売されました。軽ハイトワゴンとアウトドアテイストのSUVをクロスオーバーさせるという、今までありそうでなかったコンセプトが具現化されています。このスタイルなら軽ハイトワゴンはちょっと生活感があって……という方にも訴求しそう。

スズキは、シティ系(軽)ライトSUVともいえるハスラーでスマッシュヒットを飛ばし、本格オフロード軽のジムニーでマニアのみならず、今までSUVやクロカン四駆に乗ってこなかった層からも注目を集めるなど、デザインやカラー、コンセプト作りに冴えをみせています。

スペーシア ギアは、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトに掲げ、文字どおりスペーシアにギア(道具)テイストを付加。
ベーシックなデザインの「スペーシア」、圧倒的な迫力と存在感の「スペーシア カスタム」に加えて、「スペーシア ギア」を用意することで、軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいというニーズに応えるとしています。

スマッシュヒットを飛ばしそうな雰囲気に満ちた外観は、丸型のヘッドランプ、フロントグリル、フロント・リヤバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをガンメタリック色に統一した専用装備や、積載に便利なルーフレールの標準装備により、SUVらしいタフでアクティブなデザインで上手くまとめられています。

ボディカラーは、ガンメタリック2トーンルーフ(メーカーオプション)をはじめ、2トーンルーフが計5色、モノトーンが3色の全8色を設定。

ブラック基調の内装には、メーターやシートステッチなどにオレンジのアクセントカラーが施され、ツールボックスをモチーフにしたインパネアッパーボックスを採用。タフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出したとしています。

パワートレーンは、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載したほか、スリムサーキュレーター、後席両側ワンアクションパワースライドドアなど快適装備も充実しています。

さらに、日常だけでなくアウトドアでも水濡れや汚れを気にせず使える、撥水加工が施された専用ファブリックシート、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面を採用。後席右側のパーソナルテーブルや、メッシュタイプの助手席シートバックポケットなどにより、キャンプなどのアウトドアでも頼りになりそうです。

安全装備では、前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備。フロントガラス投影式の「ヘッドアップディスプレイ」がメーカーオプション設定されるなど、安全装備も充実しています。

価格は、NAの「HYBRID XZ」の2WDが1,614,600円、4WDが1,732,320円。「HYBRID XZターボ」の2WDが1,695,600円、4WDが1,813,320円。JC08モード燃費は、24.0〜28.2km/Lとなっています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【スズキ・スペーシア ギア登場】アウトドアテイストのスーパーハイトワゴンは、専用装備でSUV風味が満載
https://clicccar.com/2018/12/20/666179/

【スズキ・スペーシア ギア登場】撥水素材を使った専用内装で、見た目も実用性もSUVらしさを向上
https://clicccar.com/2018/12/20/666229/

【スペーシア ギア開発者インタビュー】ガンメタパーツを効果的に配することでSUVらしさを演出
https://clicccar.com/2018/12/20/663735/

『スズキ』の最新記事

スズキの新型「KATANA(カタナ)」、モーターサイクルショーでついに日本初公開!
【スズキ・スペーシアギア試乗】ターボをアシストするマイルドハイブリッドのスムーズな走り
【スズキ・スペーシアギア試乗】SUVテイストを加えた高いデザインとプランニング力が光る新型ハイトワゴン
【新車】インド向けの新型スズキ「ワゴンR」はボディサイズを拡幅してAセグメントに大型化
スズキ GSX250R試乗レポート:見た目ほどハードじゃない。優しい乗り味がお好みならぜひ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事