【スズキ・スペーシア ギア登場】アウトドアテイストのスーパーハイトワゴンは、専用装備でSUV風味が満載

スズキのスーパーハイトワゴン「スペーシア」に新設定されたアウトドアテイストのモデルが「スペーシア ギア」です。

全身に大胆な造形のプロテクターモールを追加し、カラーリングもSUV風味あふれるものに変更されました。今回、まずはこの特徴的なエクステリアについてチェックしていきます。

まず顔つきが変わっています。ヘッドライトは丸目のLEDが採用されました。

またフォグランプも丸い小型のLEDのものがバンパー下部に採用されています。ウインカーもこれらに呼応するデザインの丸いものが配置されました。

バンパー下部にはガンメタリックに塗装されたプロテクターが配置されています。グリルに関してもメッキのドット柄が配置された、専用デザインのものに変更されています。

ボディカラーに2トーンを選択すると、ルーフ色もガンメタリックとなります。また全車にルーフレールが備わることも特徴です。

一見スチール製に見える、ワイルドな造形のホイールは14インチのアルミ製で専用品となっています。

サイド面ではガンメタリック色のドア・アウターハンドルやドア中央部のガーニッシュ、サイドシル部のプロテクターなどがスペーシア ギアの特徴です。

ミラーもガンメタリック塗装のものが採用されています。リアからの眺めではナンバープレート上部のガンメタリックのプロテクターや、専用バンパーなどが特徴になります。

ちなみにパワーユニットはマイルドハイブリッド仕様のNAとターボが用意されます。駆動方式はそれぞれFFと4WDが選択でき、トランスミッションは全車CVTとなります。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『スズキ』の最新記事

スズキの新型「KATANA(カタナ)」、モーターサイクルショーでついに日本初公開!
【スズキ・スペーシアギア試乗】ターボをアシストするマイルドハイブリッドのスムーズな走り
【スズキ・スペーシアギア試乗】SUVテイストを加えた高いデザインとプランニング力が光る新型ハイトワゴン
【新車】インド向けの新型スズキ「ワゴンR」はボディサイズを拡幅してAセグメントに大型化
スズキ GSX250R試乗レポート:見た目ほどハードじゃない。優しい乗り味がお好みならぜひ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事