【スズキ・スペーシア ギア登場】撥水素材を使った専用内装で、見た目も実用性もSUVらしさを向上

大容量の室内空間を持つスペーシアに、SUVテイストの内外装を与えて登場したのがスペーシア ギアです。今回はそんなスペーシア ギアの内装をチェックしていきます。

まずはラゲッジ空間を見ていきます。

他のスペーシア同様、バックドア側からストラップを引くことで後席の前後方向へのスライドや、シートの肩口にあるレバーを操作することでシートバックを倒す事も可能です。このため大きな荷物を入れる際にもわざわざ後席にまわって操作する必要はありません。

さらに今回のスペーシア ギアでは後席シートバック部分に防汚素材を使っていますので、アウトドア用品などを載せて汚れた場合にも掃除が楽になっています。

リヤシートを見てみます。まさに広大と呼べる空間が上下・前後方向に拡がっています。

スペーシア ギアではブラック生地にオレンジのステッチが入った特別仕様のシートが装着されています。

このシートは撥水加工も施されていますので、水遊びなどの後にも掃除がしやすくなっています。さらに右フロントシート背面にはテーブルが追加され、左にはダブルポケットが追加されました。

フロントシートにも後席と同様の撥水素材が使われています。

インパネでの注目はダイバーズウォッチのような色使い&デザインとなったメーター部です。

このほか助手席正面のボックスのリッド部はガソリン携行缶のようなイメージの凹面加工がなされていて、ハードなイメージになっています。

なお、ターボモデルではクルーズコントロールが標準装備されるほか、CVTをマニュアル操作するためのパドルレバーがステアリング裏にセットされます。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『スズキ』の最新記事

スズキの新型「KATANA(カタナ)」、モーターサイクルショーでついに日本初公開!
【スズキ・スペーシアギア試乗】ターボをアシストするマイルドハイブリッドのスムーズな走り
【スズキ・スペーシアギア試乗】SUVテイストを加えた高いデザインとプランニング力が光る新型ハイトワゴン
【新車】インド向けの新型スズキ「ワゴンR」はボディサイズを拡幅してAセグメントに大型化
スズキ GSX250R試乗レポート:見た目ほどハードじゃない。優しい乗り味がお好みならぜひ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事