【新車】プジョー・2008に270万円を切る特別仕様車「2008 CROSSCITY」を設定

2016年9月にフェイスリフトを受けたプジョーのコンパクトSUV「2008」に、特別仕様車の「2008 CROSSCITY」が設定されました。

プジョー2008は、2018年になってから「GT Line Black & White Edition」や基本装備のアップグレードなど、デザイン性、利便性を強化した限定車を続けて投入することで、好調なセールスを記録しているそう。

欧州でも人気のSUVである2008は、ルノー キャプチャーといった欧州勢だけでなく、価格面からも日本メーカーのSUVとも比較検討されるそうで、商品力向上は欠かせないとしています。

今回設定された「2008 CROSSCITY」は、2017年10月にされた仕様(悪路走破性に優れるグリップコントロール、4シーズンタイヤ)などSUVの人気装備と価格はそのままに、バックアイカメラなどを追加しています。

また、CROSSCITY(クロスシティ)の名は、プジョーのSUVラインナップの定番モデルであり、「3008 CROSSCITY」、「5008 CROSSCITY」に続くシリーズともいえます。

気になる価格は、アルカンタラシート&ヒーター、バックアイカメラ&ソナー、アクティブセーフティブレーキ、グリップコントロールなどの上級装備を備えながら、2,699,000円という買い得感の高い設定になっています。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事

【新車】新型プジョー508SWが日本上陸。ステーションワゴンの常識を打ち破るデザインと高い積載性を両立
【新車】プジョーのクロスオーバーSUV「2008」がフルモデルチェンジ。ピュアEVも設定
【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事