【新車】三菱・エクリプス クロスにブラックがスポーティな「BLACK Edition」を設定

2018年12月13日に一部改良を受けた三菱エクリプス クロス。2WD(FF)車にアクティブヨーコントロール(AYC)が追加されたほか、フロントドアガラスに遮音性の高いガラスを採用。ほかにも、本革シートとのセットオプションだった運転席と助手席シートヒーターをファブリックシートにも標準化しています。

一部改良と同日、ミラージュとアウトランダーとともに、エクリプス クロス にも特別仕様車の「BLACK Edition」が設定されています。

エクリプス クロスの「BLACK Edition」は、上級グレードの「G Plus Package」がベースで、電動格納式リモコンドアミラー、前後スキッドプレートをブラックマイカとされたほか、ブラックマイカ加飾付サイドドアガーニッシュ、ピアノブラックのフロントグリル、ブラック塗装の専用18インチアルミホイールが装着されています。

ボディカラーは、「レッドダイヤモンド(有料色 75,600円)」、「ホワイトパール(有料色 32,400円)」、「ライトニングブルーマイカ」、「チタニウムグレーメタリック」、「ブラックマイカ」の5色展開。エクリプス クロス「BLACK Edition」の価格帯は、2,815,560円~3,128,760円です。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

【新車】三菱エクリプス クロスに2.2Lディーゼルターボ仕様が追加。8速ATとの組み合わせで滑らかな加速を実現
世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?
三菱自動車の次期CEOが語った海外事業を成功させる二つの秘訣とは?
【新型eKワゴン試乗】静かなNAエンジンで加速も良好。ステアリング調整機構など、根本から真面目に取り組んでます
三菱自動車が遊んで学べる社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを出店
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事