【新車】三菱・アウトランダーにブラックのアクセントカラーとシートヒーター、パワーシートが用意された「BLACK Edition」が登場

三菱アウトランダーといえば、PHEVのイメージが強く、ガソリン仕様はPHEVの影に隠れがち。それでも、PHEVよりも軽くて素直な走りが魅力です。現行型は2列5人乗りのアウトランダーPHEVに対して、ガソリン仕様は3列7人乗りとして、多人数乗車というニーズにも応えています。

2018年12月13日に発売された特別仕様車のアウトランダー「BLACK Edition」は、上級グレードの「G Plus Package」がベース。

外観は、電動格納式リモコンドアミラー、前後スキッドプレートがブラックマイカ仕上げとされたほか、ブラックマイカ加飾付サイドドアガーニッシュ、ブラックメッキのフロントグリル、グロスブラックのルーフレール、ボディ同色のドアアウターハンドル、ブラック塗装のサイドウィンドウモール、専用18インチアルミホイールにより引き締まったテイストに仕上がっています。

また、ボディカラーは「ホワイトパール(有料色 32,400円)」、「チタニウムグレーメタリック」、「ブラックマイカ」の3色が用意されています。

インテリアは、スエード調人工皮革のコンビネーションシートが標準化されているのをはじめ、運転席と助手席にシートヒーター、パワーシートを追加。また、オーナメントパネルとドアパネルは、ピンストライプ付ピアノブラックで、天井色もブラックでコーディネイトされています。

アウトランダー「BLACK Edition」の価格帯は、が3,213,540円~3,485,700円。なお、2WDが2.0Lガソリン、4WDは2.4Lガソリンで、ともにCVTが組み合わされています。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

【新車】ハイトワゴンの軽自動車、新型三菱eKワゴン、eKクロスの予約受注を3月14日から開始!!
ついに新型・パジェロが動き出した? 三菱の最新コンセプトカーが登場【ジュネーブモーターショー2019】
次世代パジェロの提案!? PHEVの「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER」が世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】
最新の「三菱顔」になったRVRの海外向けモデルがカッコイイ。日本ではどうなる?【ジュネーブモーターショー2019】
アウトランダーPHEVに存在する、ランエボから受け継がれた大切なスイッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事