【新車】三菱・エクリプス クロスが一部改良。FF仕様にもAYCを追加し、静粛性向上やシートヒーター標準化なども盛り込む

三菱自動車の登録車において、エース的存在といえるクロスオーバーSUVのエクリプス クロスが12月13日に一部改良を受けました。

2WD(FF)車にアクティブヨーコントロール(AYC)を追加するなどが主な内容。「AYC」はActive Yaw Controlの略称で、ブレーキを制御することで左右輪間の駆動/制動力配分をコントロールするシステム。エクリプス クロスのフットワークの良さを支えています。

ほかにも、「M」グレードをのぞきフロントドアガラスに遮音性の高いガラスを採用することにより、風切り音を低減し、走行時の静粛性を向上させたとしています。

こちらも「M」をのぞき、全席のパワーウインドウスイッチに照明が追加されたほか、運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能を採用することで、利便性を向上。また、挟まれ防止機能(オート開閉時)も全席のパワーウインドウに設定されています。さらに、従来、本革シートとのセットオプションだった運転席と助手席シートヒーターを標準装備とすることで、ファブリックシートの快適性が引き上げられています。こちらも「M」グレードをのぞきます。

その「M」グレードは、16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更することで、質感を向上させています。ほかにも、ルーフレールのレス仕様をメーカーオプション設定で用意。三菱エクリプス クロスの車両本体価格は2,539,080円~3,107,160円です。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

【新車】三菱エクリプス クロスに2.2Lディーゼルターボ仕様が追加。8速ATとの組み合わせで滑らかな加速を実現
世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?
三菱自動車の次期CEOが語った海外事業を成功させる二つの秘訣とは?
【新型eKワゴン試乗】静かなNAエンジンで加速も良好。ステアリング調整機構など、根本から真面目に取り組んでます
三菱自動車が遊んで学べる社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを出店

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事