【新車】三菱・エクリプス クロスが一部改良。FF仕様にもAYCを追加し、静粛性向上やシートヒーター標準化なども盛り込む

三菱自動車の登録車において、エース的存在といえるクロスオーバーSUVのエクリプス クロスが12月13日に一部改良を受けました。

2WD(FF)車にアクティブヨーコントロール(AYC)を追加するなどが主な内容。「AYC」はActive Yaw Controlの略称で、ブレーキを制御することで左右輪間の駆動/制動力配分をコントロールするシステム。エクリプス クロスのフットワークの良さを支えています。

ほかにも、「M」グレードをのぞきフロントドアガラスに遮音性の高いガラスを採用することにより、風切り音を低減し、走行時の静粛性を向上させたとしています。

こちらも「M」をのぞき、全席のパワーウインドウスイッチに照明が追加されたほか、運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能を採用することで、利便性を向上。また、挟まれ防止機能(オート開閉時)も全席のパワーウインドウに設定されています。さらに、従来、本革シートとのセットオプションだった運転席と助手席シートヒーターを標準装備とすることで、ファブリックシートの快適性が引き上げられています。こちらも「M」グレードをのぞきます。

その「M」グレードは、16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更することで、質感を向上させています。ほかにも、ルーフレールのレス仕様をメーカーオプション設定で用意。三菱エクリプス クロスの車両本体価格は2,539,080円~3,107,160円です。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

【新車】ハイトワゴンの軽自動車、新型三菱eKワゴン、eKクロスの予約受注を3月14日から開始!!
ついに新型・パジェロが動き出した? 三菱の最新コンセプトカーが登場【ジュネーブモーターショー2019】
次世代パジェロの提案!? PHEVの「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER」が世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】
最新の「三菱顔」になったRVRの海外向けモデルがカッコイイ。日本ではどうなる?【ジュネーブモーターショー2019】
アウトランダーPHEVに存在する、ランエボから受け継がれた大切なスイッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事