【新車】三菱ミラージュにブラックのアクセントカラーを内外装に配した「BLACK Edition」を設定

三菱自動車の特別仕様車といえば、オレンジ加飾が印象的な「アクティブギア」、デリカD:5などに設定されてきた「シャモニー」といった、印象的で定番といえる仕様があります。

2018年12月13日、コンパクトカーのミラージュ、クロスオーバーSUVのエクリプス クロス、SUVのアウトランダーにブラックをアクセントカラーとした特別仕様車「BLACK Edition」を新たに設定し、同日から発売しています。

コンパクトカーのミラージュ「BLACK Edition」は、上級グレードの「G」がベース。ルーフやルーフスポイラー、電動格納式リモコンドアミラーをブラックマイカとしたほか、ブラック塗装の専用15インチアルミホイールを採用。

また、ボディカラーは、2トーンの「ワインレッドパール/ブラックマイカ(有料色 32,400円)」、「ホワイトパール/ブラックマイカ(有料色 32,400円)」、「レッドメタリック/ブラックマイカ」、「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」、モノトーンの「ブラックマイカ」の5色が設定されています。

一方の内装は、ブラックとレッドファブリックを組み合わせた専用2トーンシートに加えて、アクセントにレッドステッチが施されたシート、専用本革巻きステアリングホイール、専用本革巻きシフトノブにより上質に仕立てられています。ミラージュ「BLACK Edition」の価格は1,506,600円~1,522,800円です。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

【新車】ハイトワゴンの軽自動車、新型三菱eKワゴン、eKクロスの予約受注を3月14日から開始!!
ついに新型・パジェロが動き出した? 三菱の最新コンセプトカーが登場【ジュネーブモーターショー2019】
次世代パジェロの提案!? PHEVの「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER」が世界初公開【ジュネーブモーターショー2018】
最新の「三菱顔」になったRVRの海外向けモデルがカッコイイ。日本ではどうなる?【ジュネーブモーターショー2019】
アウトランダーPHEVに存在する、ランエボから受け継がれた大切なスイッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事