【新車】光岡自動車のヒミコがマイナーチェンジ。全30色のオプションカラーと先進安全装備を標準化

■光岡自動車ヒミコが30色になってマイチェン

・ロックスターと同じロードスターがベース

オープンモデルのマツダ・ロードスターをベースにした「ロックスター」で話題を集めている光岡自動車。

2018年12月6日に2シーターオープンの「Himiko(ヒミコ)」のマイナーチェンジを行い、2018年12月7日から販売を開始しました。

「Himiko(ヒミコ)」は、2018年2月にフルモデルチェンジを実施。マツダ・ロードスター(ND型)をベースに、往年のクラシックスポーツカーが持つロングノーズ&ショートデッキのプロポーションが特徴です。

・安全装備の充実も抜かなくアップデート

今年2月に誕生した新型は全7色のボディカラー展開でしたが、今回のマイナーチェンジでは「ボディカラーオプション(全30色)」(108,000円高)が新たに追加設定されたのがトピックス。

また、ユーザーの要望に応えてフロントフェンダーおよびトランクフードのブラックアウト部分をボディカラー同色で仕上げる「ボディ同色フロントフェンダー/トランクフード」(32,400円高)オプションも新設されています。

機能面では、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」「車線逸脱警報システム(LDWS)」「オートライトシステム」「レインセンサーワイパー(フロント)感度調整式」「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前進・後退時)」「リヤパーキングセンサー(センター/コーナー)」などの安全装備が全車標準化されています。ヒミコの価格帯は、5,066,280円〜6,073,270円です。

(塚田勝弘)

『光岡自動車』の最新記事
光岡自動車 3輪電気自動車
光岡自動車製の3輪電気自動車「Like-T3(ライク・ティースリー)」が東京消防出初式でデビュー【新車】
光岡自動車 リューギ/リューギ ワゴンに特別仕様車「EX」が設定
光岡自動車の次の50年のために。新入社員内定式が開催
光岡自動車が新型霊柩車「プレミアムフュージョン」をエンディング産業展で初公開
光岡ビュート・シリーズがマイナーチェンジ。ボディ・インテリアカラーのラインナップを増加
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事