【新車】トヨタ・C-HRに内・外装カラーと安全装備にこだわった特別仕様車が2タイプ登場

レクサス・UXと同じプラットフォームを使いながらも日本の道路、駐車場事情によりマッチするのがトヨタ・C-HR。ノーマルで乗っている方が大半だと思われますが、ドレスアップのベース車としても高い人気を集めています。個性的なデザイン、雰囲気を重視する層にも注目されているSUVともいえそう。

2018年12月3日、C-HRの「G」「G-T」をベースにブラック系とブラウン系の2タイプの特別仕様車が発売されました。

『トヨタ自動車』の最新記事

【プロボックスハイブリッド試乗】ハイブリッド化の流れは商用車にも。その流れが受け入れらるかの「カギ」となる一台
【ハイラックス Zブラックラリーエディション試乗】「オンリーワン」な存在。それがハイラックスの魅力
働くハイブリッド。プロボックス/サクシードに追加されたハイブリッド仕様をチェック【プロボックス HV試乗】
【マークX GRMN試乗】やっぱりチューニングされたFRは最高!
【2代目マークX GRMN】V6 3.5Lエンジンに専用6MTをセット。カーボンルーフも用意したファクトリーチューン

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事