これぞ下剋上!? 次期「マツダ3」はアテンザを超えるインテリアの作り込みと質感が自慢

「インテリアは相当作り込みました。質感の高さは自慢です。現行のアテンザを超えるほどの仕上がりなので、『(アテンザとの上下関係を気にせず)ここまでやっていいのか』という声は社内からもありましたね。」

ロサンゼルスで公開された新型マツダ3(現行モデルは日本名「アクセラ」)の開発責任者の別府耕太氏がいくらそう言っても、上級モデルとなるアテンザのインテリアの作り込みはなかなかのもの。しかも、今年おこなわれた大規模なマイナーチェンジではインテリアがかなりブラッシュアップされ、相当こだわって上質になっています。それを「超えるほど」だなんて、なんとオーバーな……。

……と思いつつ、新型のマツダ3(北米仕様)のインテリアを覗き、じっくりと触れて観察。

いやいや驚きましたよ。作り手の別府さんが言っていたことは決してオーバーじゃありませんでした。疑ってゴメンなさい。

パネルの深みや緻密さ、シボの付け方、ステッチの入れ方、そしてもちろん触感も。人間の感覚って結構鋭くて、インテリアはコストを抑えて作るとチープさが一目でわかるし、逆に作り込めばその良さはしっかりと伝わってくる。そして、新型マツダ3のインテリアは、驚くほど上質な仕上がりでしたね。

これなら「アテンザを超えた」と自慢するのも納得かも。「上級車を超える勢い」という勢いのクルマ作りをみると、マツダが欧州プレミアムブランド用に「小さいクルマでもしっかりと上質」という考えを貫いていることが伝わってくる気がしたのでした。

(工藤貴宏)

【関連記事】

新型マツダ・アクセラの市販モデルは、噂通りの量産車世界初「SKYACTIV-X」エンジンを搭載!
https://clicccar.com/2018/11/28/660071/

新型「マツダ3」(アクセラ)とともに「第3」のカラー・「ポリメタルグレー」も登場!
https://clicccar.com/2018/11/29/660435/

新型「マツダ3」(アクセラ)に搭載されるハイブリッドは「M Hybrid」。現行アクセラとはどう違う?
https://clicccar.com/2018/11/29/660445/

『マツダ』の最新記事

「ポスト2020燃費基準」は「Well to Wheel(ウェル・トゥ・ホイール)」ベースになる!?
マツダ・デミオのセダンが国内で新発売! でも一般ユーザーは買えないってどういうこと?【マツダ教習車】
骨盤を立てて運転する! マツダが提案する一歩進んだ運転姿勢とは?
世界限定3000台! マツダがオレンジカラーの「ロードスター30周年記念車」購入予約を受付開始
GベクタリングコントロールとAWDのコラボでマツダのシャシーコントロール技術は進化する

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事