新型「マツダ3」(アクセラ)とともに「第3」のカラー・「ポリメタルグレー」も登場!

ロサンゼルスで世界初公開された次期「マツダ3」の北米仕様。マツダ3とは、日本で「アクセラ」として売られている車両の海外名です。そのお披露目イベントでは、3ドアハッチバックと5ドアセダンがステージ上に並んでいました。

ボディカラーはハッチバックが「ソウルレッドクリスタルメタリック」で、セダンが「マシーングレープレミアムメタリック」。どちらも、マツダを代表するカラーですね。ソウルレッドは鮮やかさと艶感、マシーングレーは陰影や緻密感が自慢です。

そして会場にはそれ以外にもクルマがあったのですが、ここ記事での話題はそのボディカラー。けっこうインパクトのある、新しい色でした。

その名は「ポリメタルグレー」。呼び名の通りグレーなのですが、光沢感があって、普通のグレートは違う感じです。もちろん、新型マツダ3の市販モデルにも用意される予定。

どうやらマツダは、同社にとっては次の世代となる新型「マツダ3」から“マツダ第3のカラー”としてこのポリメタルグレーを育てたいようですね。

 

ところでポリメタルグレーに塗られたこの車両、ドアミラーが黒かったりボディ下部にエアロパーツがついていたりと、普通のマツダ3とはちょっと違うみたい。こちらも気になりますね。

(工藤貴宏)

【関連記事】

新型マツダ・アクセラの市販モデルは、噂通りの量産車世界初「SKYACTIV-X」エンジンを搭載!
https://clicccar.com/2018/11/28/660071/

『マツダ』の最新記事

マツダ3のご先祖様!80年代に一世を風靡した赤いファミリアが登場【東京旧車会レポート・マツダ&その他メーカー編】
「ポスト2020燃費基準」は「Well to Wheel(ウェル・トゥ・ホイール)」ベースになる!?
マツダ・デミオのセダンが国内で新発売! でも一般ユーザーは買えないってどういうこと?【マツダ教習車】
骨盤を立てて運転する! マツダが提案する一歩進んだ運転姿勢とは?
世界限定3000台! マツダがオレンジカラーの「ロードスター30周年記念車」購入予約を受付開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事