トヨタ自動車からトヨタ車体にバン事業を移管。その狙いは?

2016年4月に製品軸で7つのカンパニー制を設立したトヨタ。バンやワゴン、SUVなどを担当する「CV Company」は、ランドクルーザー、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ハイエース、コースター、ウェルキャブ、新興国向けのIMVシリーズなど多岐にわたっています。

2018年11月28日、トヨタ自動車とトヨタ車体は、トヨタからトヨタ車体へ「委託」されていたバン事業(バン、ミニバン、小型バス)における企画や開発、生産業務を今年11月より移管し、トヨタ車体が主体となって同業務を進めていくことに合意したと発表しました。

今後両社は、意思決定の迅速化と開発工数、費用の低減を加速し、バン事業の競争力をさらに強化するとしています。トヨタ車体は、1945年にトヨタ自動車工業(現:トヨタ自動車)の刈谷工場が独立し、トラックボデー専門メーカーとして発足。以降、ハイエースやランドクルーザー、コースターなどの開発、生産を手掛け、完成車両メーカーとして活動領域を広げるとともに、トヨタのバン・SUV・商用車事業の中核を担ってきました。

2000年代以降は、日本市場のけん引役として急成長してきたミニバンの開発、生産を担い、2017年には年間約70万台を生産するまでに拡大し、着実に成長。

先述したとおり、2016年4月には、トヨタ自動車において、組織を製品群ごとに小括り化し、企画・開発・生産を一気通貫で担当する「カンパニー制」が施行され、その内の1つとして、バンやラダーフレーム系SUVを担当するCV Companyが発足しています。

トヨタ車体は、CV Companyの一員として、開発・生産業務を引き続き担っていくとしていて、2018年1月には、バン事業において、新たに企画業務もトヨタ車体で行うこととし、バン系車種の企画・開発・生産を一気通貫で行う枠組みになっています。

今後もトヨタ車体は、CV Companyの一員として同じ目標を共有し、この度移管されたバン事業において、これまで蓄積してきたノウハウを活かしたさらなる原価低減を推進。

加えて、ニーズをきめ細かく反映したクルマを一台でも多く、スピード感を持って送り出せるように、専門組織として主体的にクルマづくりに取り組むとしています。コスト低減をさらに図るとともに、仕向地を含めた細かなユーザーニーズを取り組むことで、世界中でまだまだ成長が見込めるバン事業の強化といえるのでしょうか。

(塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事

業績好調のトヨタ。「EV」早期具現化のため夏ボーナスを減額する理由とは?
GR Garage 東京 北池袋のオープン記念イベント開催。GR Garageとはどういう場所なの?
トヨタとSUBARUが共同開発するEV用プラットフォームは、CセグからDセグメントのセダン、SUVなどの複数車種を各ブランドがリリースへ
トヨタ自動車が国際オリンピック委員会にFCVのMIRAIを8台納車
【新車】トヨタ・ハイラックスがマイナーチェンジでACCを採用。運転支援機能を充実させた

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事