「1000psをドリフトコントロールするってスゴイ!」フォーミュラ出身レーサー・井出有治、現役D1マシンに同乗走行!【FIA Intercontinental Drifting Cup 2018 TOKYO DRIFT】番外編

2018年11月2~3日、東京・お台場にて【FIA Intercontinental Drifting Cup 2018 TOKYO DRIFT(FIAインターコンチネンタル・ドリフティングカップ2018東京ドリフト)】(以下FIA IDC)が行われました。

日本発祥のモータースポーツ「ドリフト」が世界のFIAに認められ、日本のD1をはじめ、世界各国で行われているドリフト競技上位者が一堂に集まり「ドリフト世界一決定戦」として行われるのが、FIA IDCです。今回の2018年で第2回目の開催となりました。

そんなドリフトの国際競技、FIA IDCの決勝戦が行われた11月3日、お台場会場に現れたのは……レーシングドライバー・井出有治選手です。

井出有治選手といえば、1990年15歳から始めたレーシングカートでレーサーとしてのキャリアをスタート。1998年からF3に挑戦。1999年にはフォーミュラドリームにてシリーズチャンプを獲得。2002年は武者修行として海外へ、フランスF3でシリーズ7位を獲得。2003~2005年にはフォーミュラニッポン(現スーパーフォーミュラ)にCERUMO→TEAM IMPULから参戦し2005年にはシリーズ2位を獲得。そして2006年SUPER AGURI Formula1 TEAMよりF-1へチャレンジ!と、まさにフォーミュラレースの世界で百戦錬磨、生粋の「正統派」レーシングドライバーです。

●D1マシン? 乗る! 乗りたい!!

clicccar(以下c):ねぇ井出さん、FIA IDC観に行かない? でもってD1マシンの同乗体験してみません?
井出有治選手(以下井出):行く! 乗る! 乗りたい!!

ってことで、フォーミュラとドリフト……同じモータースポーツでも、ある意味真逆?とも思える現役D1マシンの同乗体験。さて、井出選手は何を感じてくれるのか!?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事