【新車】フィアット500を上質に仕立てた240万円の限定車「Fiat 500 Lusso」が登場

個性こそ最大の魅力といわんばかりに積極的に限定車を投入しているフィアット500。

2018年11月7日に発売される300台の限定車「500 Lusso(ルッソ)」は、ラグジュアリーを意味するイタリア語「Lusso(ルッソ)」がモデル名となっていて、通常設定されていない上級グレード「500 1.2 Lounge(ラウンジ)」がベース。

限定車らしく装備が充実していて、ポルトローナ・フラウ社製のレザーシートや、アルミホイール、ドアミラーカバーなどにより、上品な雰囲気が演出されています。

ボディカラーは「ミントグリーン」、「ボサノバ ホワイト」の2色が設定され、前者には「ブラウン」、後者には「ブラウン」および「ボルドー」のレザーシートを採用。さらに、15インチの18スポークUデザインアルミホイールや、クローム仕上げのドアミラーカバーも装着され、クオリティアップが図られています。「Fiat 500 ルッソ」はこうした特別装備を用意しながら、買い得感のある2,400,000円という価格設定が魅力。

搭載されるエンジンは1.2Lの直列4気筒で、トランスミッションは、シングルクラッチのATモード付5速シーケンシャルの「デュアロジック」が組み合わされています。

(塚田勝弘)

『フィアット』の最新記事

【フィアット500X試乗】クルーズコントロールとアダプティブクルーズコントロールを装備
【フィアット500X試乗】新エンジンの投入でより上質となったコンパクトSUV
【新型フィアット500X発表会】装備充実もエントリーモデルはわずか5万円アップに抑えた新型500X
【新型フィアット500X発表会】オシャレな雰囲気に包まれた会場でイタリアンコンパクトのマイチェンモデルをお披露目
【アバルト695Cリヴァーレ試乗】バッチーン!と弾けるように加速し、曲がる。元気の良さが愉しい

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事