スバルも2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を辞退へ

2018年11月7日に、「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーが決定した」と発表がありました。その中には今年発表・発売となったSUBARUフォレスターも含まれていましたが、ここへきて、スバルが今年度のCOTYから辞退したい旨を申し出る模様です。

理由は公表されていませんが、出荷前検査での不正が続いていたことを発表していたことが影響していそうです。この件に関しては、今年の本命の1台であるスズキ・ジムニーがCOTYを辞退しており、他社のことであるながらも足並みが揃っていないように感じられたことも影響しているかもしれません。

10ベストに選ばれてからの辞退は異例のこと。今後の動きに注目です。本日にも、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会とスバルで協議されるものと思われます。

(clicccar編集長 小林 和久)

【関連記事】
日本カー・オブ・ザ・イヤー 「10ベストカー」決定! 12月7日に最終選考へhttps://clicccar.com/2018/11/09/650583/

【関連リンク】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカー決定
http://www.jcoty.org/news/#20181107_01

『SUBARU』の最新記事

【新車】スバルから2モーターを搭載したプラグインハイブリッドの「CROSSTREK HYBRID」が登場。日本での販売は?
「初代レガシィ開発秘話」80年代にIoTを先取り…じつはコンピュータを駆使していた【クルマ塾・SUBARU編】
【新車】SUBARU XVに「e-BOXER」搭載する「Advance」を追加設定。一部改良も実施
【新車】SUBARUインプレッサが一部改良。アイサイトのACCの作動状況を問わずブレーキを保持する「オートビークルホールド」を追加
スバルファンなら是非聞きたい! レジェンド エンジニアによるココだけの話【クルマ塾2018】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事