のむけん引退、新王者誕生…笑いと涙と歓声が響いた「お台場TokyoDRIFT」【D1グランプリRd.8最終戦】

2018年11月3日(土)、東京・お台場にて「GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Round8 Fainal」(D1最終戦)が行われました。

この日はたま〜にポツポツと小さな雨粒が落ちてくる程度のまぁまぁの好天気! シリーズ上位24名により争われる最終戦。と同時にシリーズランキングも決まる大事な1戦。バトル前のピット内は怖いくらいのピリピリムードが漂っていました。

結果、Rd.8総合優勝は内海彰乃選手(DIXCEL TOYO TIRES/DIXCEL TOYO TIRES ASAI KG SILVIA[S15])が、単走優勝は末永直登選手(YUKE’S Team ORANGE/Team ORANGE SILVIA S15-2JZ[S15])、チーム優勝はDIXCEL TOYO TIRESがそれぞれ獲得!

そして2018シリーズは、ドライバーズランキング総合1位が横井昌志選手(D-MAX/D-MAX S15 SILVIA 1号機[S15])、単走ランキング1位は川畑真人選手(TOYO TIRES GLION TRUST RACING/GT-R〔R35〕)、チームランキング1位はD-MAXという結果となりました。

この日を最後にD1からの引退を表明していた「のむけん」こと野村謙選手(PACIFIC RACING TEAM DUNLOP/SKYLINE【ER34】)のシリーズ結果はドライバーズランキング24位、単走ランキング23位…ですが、2018年人気選手ランキングはぶっちぎりで1位! 「記憶に残るレジェンドドライバー」の名に恥じない結果となりました。

のむけん引退セレモニーではラストランを披露する、ハズがマシントラブルにより途中でエンジンストップ(涙)。レッカー車にドナドナされることになってしまいました。

その後、のむけんとの追走披露をするハズだった熊久保信重選手のナビシートに箱乗りし、「のむけん、ありがとう」フラッグで黄色一色に染まった観客席の前を1周。いか天時代からのむけんをよく知る私は、ジ〜ンとしてしまいました。

長かった2018シリーズも終了。次の日には「FIA Intercontinental Drifting Cup2018」でさらに盛り上がった東京・お台場です!

(永光 やすの・PHOTO:D1 GRAND PRIX/永光 やすの)

【関連リンク】

D1 GRAND PRIXオフィシャルサイト
http://www.d1gp.co.jp/

『D1GP』の最新記事
川畑の単走
スピードは見せたものの…川畑GRスープラのV8パワー炸裂は2020年に持ち越し!【FIA IDC】
ゴーチャ選手の走り
2JZとワイズファブがあればOK? ドリフト国際大会のマシンメイク事情【FIA IDC】
3度目の世界戦は波乱万丈の経過に! D1GPのプロモーションディレクター「塚本D」こと塚本奈々美のFIA IDC2019レポート
ゴーチャ選手の準決勝
2019年のドリフト世界一決定戦はゴーチャ選手が2連覇、TOYO TIRESが3連覇を達成!【FIA IDC 2019】
ラッピング
塚本奈々美が原作のデジタルコミック「ナナメ!! スライドしたガール」、12月よりclicccar /web optionにて連載開始!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事