【三菱アウトランダーPHEV試乗】パワフルでスムーズ。上質な乗り心地と高い静粛性の4拍子揃う

2019年モデルの三菱自動車のアウトランダーPHEVは「ほぼフルモデルチェンジ」といえるほどの大幅な進化を遂げています。

その中身は、走りを左右する基幹部分の大幅刷新で、新設計された駆動用バッテリーとエンジンをはじめ、モーターやジェネレーターの出力を向上。

プラグインハイブリッドEV(PHEV)システムの主要構成部品のうち、じつにコンポーネントの約9割を改良するという力の入れようです。

街中から走り出すとモーター走行の頻度がより高まり、バッテリー状態と速度によっては、ほぼEV走行でまかなえるシーンが増えています。改良前よりも駆動用バッテリー容量が12.0kWhから13.8kWhに増えたのに加えて、最高出力も10%向上。

『三菱自動車』の最新記事

【東京オートサロン2019】三菱自動車から新型デリカD:5の純正用品装着車、アウトランダーとエクリプス クロスの「STREET SPORT」が出展
これはギラギラデザインじゃない!? チーフデザイナーが語るデリカD:5のプレステージ性とは?
【新車】三菱・アウトランダーにブラックのアクセントカラーとシートヒーター、パワーシートが用意された「BLACK Edition」が登場
【新車】三菱・エクリプス クロスにブラックがスポーティな「BLACK Edition」を設定
【新車】三菱・エクリプス クロスが一部改良。FF仕様にもAYCを追加し、静粛性向上やシートヒーター標準化なども盛り込む

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事