【新車】フランス流のライフスタイルをイメージした「ルノー カンクグー プラティーク」は専用ボディカラーをまとう

ルノー カングーは、初代がフランス本国で登場した1997年から21年が経ち、日本では商用車ユースよりも2列シートのミニバン的に受け入れられ、遊びのクルマとしての地位を確立しています。

故郷・フランスでは家の壁の塗り替えや、ちょっとした家具の修理、棚やガーデンチェアを自作するなど、暮らしを自分の好みに合うようにデザインするライフスタイルを送る人が多いそうです。

2018年11月1日に発売された限定車の「ルノー カンクグー プラティーク」は、そんなフランス流のライフスタイルをイメージしたという限定車。

専用ボディカラーの「グリ メタン」に、シルバー&ブラックフロントバンパー、ブラック リヤバンパー、ブラックセンターキャップ&ホイールボルトカバー、そしてフランスの高級オーディオブランドである「FOCAL」製のサウンドシステム(ツイーターを含む6スピーカー)が装備されています。

限定台数は160台で、デュアルクラッチトランスミッションのEDCが120台、6MTが40台。「ルノー カンクグー プラティーク」の価格は、EDCが2,619,000円。6MTが2,519,000円。EDCとMTで迷う方は、操作性のいいMTを積極的に選択する手もありそう。カングーではMTの人気も高いそうです。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

【新車】ブーストアップでパワーアップ。トップグレート「アルピーヌA110S」が本国で発表
【新車】ルノー カングーに定番モデルの「クルール」が200台限定で登場。爽やかなカラーが魅力
ルノー カングー クルールが200台限定で発売。美人アーティストのイラストで彩られたアート車も注目 
ルノー・ジャポンと「le coq sportif」のコラボレーションでスペシャルなカングーが登場
ルノーとFCAが経営統合を見据えた提携交渉をスタートか?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事