次期「レヴォーグ」の搭載エンジンは1.5Lと1.8Lにダウンサイジングされる?

2014年に発売され、4年以上が経過したスバル「レヴォーグ」。スバルファンからの人気も高く、現在もコンスタントに2,000台/月前後を販売する同車ですが、来秋にはフルモデルチェンジの時期を迎えるようです。

 

各種情報によると、次期レヴォーグは国内市場に加え、欧州での販売も計画されているようで、気になる意匠は今年3月のジュネーブショーに出展された「VIZIV TOURER CONCEPT」がベースになっている模様。

次期モデルでは、現行モデルに搭載されている1.6Lと2.0Lの直噴ターボエンジンが新開発1.5Lと1.8Lのダウンサイジングターボに置換されるようです。

また、プラットフォームにはインプレッサ以降に採用が進むシャシー「SGP」(スバルグローバルプラットフォーム)が起用され、ホイールベースの拡大に合わせ、全長についても5‐60mm程度拡大する模様。

いずれにしても、1年後とは言え、スバルファンならずとも気になるフルモデルチェンジになりそうです。

Avanti Yasunori・画像:SUBARU)

【関連記事】

SUBARUの新型「フォレスター」が2018年度グッドデザイン賞を受賞!
https://clicccar.com/2018/10/16/640224/

【関連リンク】

スバル LEVORG
https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事