歴代最高の670馬力。新型・ベントレー コンチネンタルGTに「スピード」設定へ

ベントレーの2ドアクーペ、「コンチネンタルGT」の新型に設定される高性能モデル「高性能GTスピード ブラックエディション」市販型プロトタイプをキャッチしました。

ラジエーターグリル、バンパーエアインテーク、サイドウィンドウトリップ、サイドドアトリム、ヘッドライト、テールライトリングなどがブラッククロムで仕上げられているのは、先代モデルと同様です。また、フロントメッシュグリルの奥にはインタークーラーが見て取れます。

さらに専用のサスペンションも装備し、剛性を高めシャープな操作を可能にするといいます。捉えたプロトタイプには、前後異なるアロイホイールが見て取れますが、生産型ではフロントには狭いリム、リアには大径タイヤを装着するため、テスト的な理由と思われます。

注目はパワートレインです。ベースモデルには、8速デュアルクラッチと組み合わされる6リットルW型12気筒を搭載し、最高出力635ps、900Nmを発揮しますが、「GTスピード」新型では、最高出力が650psから670psを発揮すると予想されています。

ワールドプレミアの場は、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ポルシェ・718ケイマンに軽量モデル「T」が初設定へ! 開発車両をキャッチ
メルセデス・ベンツ「ベイビーGクラス」のMBUX搭載コックピットを撮影成功。発売は2020年か?
このスポイラーは超高性能モデルの証!? BMW M5に「CS」設定へ
VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事