純正スピーカーの音質を手軽に向上できるハイレゾ音源再生に対応したカロッツェリアのチューンアップトゥイーターが発売

手持ちの純正ナビやオーディオ、スピーカーなどを使って高音質を楽しみたい、というニーズは昔も今も根強いものがあります。2018年10月2日、パイオニアからこうした声に応えるチューンアップトゥイーター「TS-T736」が発売されました。

さらに、「パイオニアグローバルシリーズ」として海外で展開されているユニットスピーカー4機種とパワードサブウーファー4機種も日本国内市場に投入されます。

「TS-T736」は、ハイレゾ音源再生に対応し、緻密な音の描写と臨場感を実現したとしています。低歪みで指向性に優れ、65kHzまでの高域再生が可能な「4cmバランスドドームダイアフラム」が採用され、緻密な音の描写と臨場感を実現。価格は15,000円。

多彩な車種に展開可能なユニットスピーカーも用意されています。「TS-A6970F(14,000円)」「TS-A1670F(12,000円)」「TS-A1370F(10,000円)」は、「Open & Smoothコンセプト」が採用され、ウーファー部に剛性の高い「カーボン&マイカ強化型IMPPTMコーン」を搭載。

磁気回路を最適化することで、大音量時でも低歪みかつ豊かな音楽再生を実現。トゥイーターには大型振動板が採用され、中域からのスムーズな再生が可能だそう。

エントリーモデルの「TS-G1010F( 5,500円)」は、小口径でありながら、 パワフルかつバランスの良い音を再生が可能。ウーファー部に「高剛性IMPPTMコーン」と同社独自ダンパーが採用され、 高音質と高耐入力を両立したとしています。

パワードサブウーファーも設定されています。「TS-WX300TA(30,000円)」「TS-WX300A(30,000円)」は、豊かで伸びのある低音をさらに増強するバスレフ型。「TS-WX1210A(35,000円)」と「TS-WX1010A(30,000円)」は、エンクロージャー内の空気を制御し、 切れの良い低音を再生する密閉型が採用されています。

さらに、上記に加えて、「TS-WX300TA」には圧倒的な存在感が魅力のチューブタイプも用意。「TS-WX300A」「TS-WX1210A」「TS-WX1010A」には、スラント形状のボックスタイプもラインアップされています。※価格はいずれも税別です。

(塚田勝弘)

『パイオニア』の最新記事

電動ホールド機能やワイヤレス充電規格「Qi」に対応。パイオニアが車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表
スマートフォンとのリンクを強化。パイオニアから「スマートフォンリンク」対応モデルなどのメインユニットが発売
パイオニアからマツダ車専用を含むコンパクトなデジタルプロセッサー2モデルが登場
パイオニアがフルHD録画対応と専用偏光フィルターを搭載したドライブレコーダー5機種を発売
シートに寝たままでも映像を楽しめる。パイオニアから国内最大級のフリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」が登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事