【F1女子が行く!F1日本GP2018】木曜日はドライバー祭り!顔色の悪いルイス・ハミルトン着ぐるみの最大の任務とは?

楽しみにしていたF1日本GPウイークが始まりました! 今年ももちろん、木曜日から現地入り。

台風が近付き天気が心配される鈴鹿サーキットから毎日、現地の様子をお届けします!!

■10月4日(木)

マシンの走行はないものの、到着した時(10:20頃)には思い思いの応援グッズを身に付けたファンがたくさんいました。

みんなが向かう先は、普段中々近くで見ることができないマシンを目の前で見られるピットウォークとメインストレートを歩くことができるストレートウォーク。

実はこのピットウォーク&ストレートウォークはドライバーに近付ける最大のチャンスなんです!

この時間ドライバー達はコースチェックのためコースを歩くことがあり、その姿を目の前で見ることができます。ちなみに、この日見たのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、エステバン・オコン(フォースインディア)、ロマン・グロージャン(ハース)、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ランス・ストロール(ウイリアムズ)、セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)、カルロス・サインツJr(ルノー)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、シャルル・ルクレール(ザウバー)の9人でした。

さらに手作り応援グッズなどでアピールすると手を振ってくれたり、サインを書きに来てくれるドライバーもいて、日本のファンとの交流を楽しんでいるように感じました。

「TVの中の人が目の前にいる」「モデル並みにスタイル良いなぁ」と1年振りに間近で見るドライバー達に、ただただ感動&大興奮で午前中からお腹いっぱいに(笑)。でも、木曜日のお楽しみはこれだけではありません。

木曜日の名物イベントと言っても過言ではないのが、サイン会。抽選で当たった1000名のラッキーな方がドライバーから直接サインを貰えるという(ドライバーは選べません)、ドライバー大好きな私としてはぜひとも当てたいビッグイベントです。

13:00から当選発表があり入場時に貰った整理番号を握りしめ、画面に自分の番号が映し出されないか確認します。まるで受験発表を待つ時のような緊張感です。私の番号は「104」。小さい番号から順に発表されていきます。024、063、113…ない(涙)。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事