【パリモーターショー2018】シューティングブレークからインスピレーションを受けた鮮烈なデザインの新型プジョー508SW

プジョーは、「パリモーターショー2018」で3モデルをワールドプレミアしました。

ステーションワゴンの新型508SW、バッテリーEVである「PEUGEOT e-Legend CONCEPT#UnboringTheFuture」、ガソリンハイブリッドの「NEW PEUGEOT HYBRID PLUG-IN ENGINES」という意欲的な出展となっています。

新型プジョー508SWは、すでに発表されているセダンの新型508のステーションワゴンバージョン。すでに本国ではファーストエディションの発売が開始されています。なお、日本市場には2019年第1四半期導入予定。

依然として競争の激しいDセグメントエステートのマーケットにおける常識を打ち破り、シューティングブレークからインスピレーションを受けたというスタイリッシュな外観が目を惹きます。

低くダイナミックなスタンスで構えたスタイリングは、セダンの新型プジョー508とともに、新世代のプジョーデザインで表現されていて、エレガンスとスペース効率とトランクの容量、そして高い積載性を両立。

また、プジョーの特徴であるハンドリングの良さ、良好な乗り心地をもたらすサスペンションのコンビネーションによって高いボディコントロール性を実現したとしていて、卓越したロードホールディング性能が期待できそうです。

ほかにも、最新世代の「プジョーi-Cockpit」を備えた先進的なインテリアも注目。先代よりも増した快適性と安全性、そしてインパクトのある内・外装のデザイン、鮮烈なドライビング感覚をもたらすとしています。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事

【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事