【新車】日本初採用の「M Performanceツインパワーターボ・ディーゼルエンジン」を積む「BMW X3 M40d」が追加設定

2017年10月に登場した現行BMW X3はプレミアムミドルサイズSUVという位置づけで、BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)シリーズの中核を担っています。

2018年9月20日に発売された「BMW X3 M40d」は日本初導入となる高性能のディーゼルエンジンを搭載した「M Performance」仕様であるのが見どころは。

「M Performance」は、パワートレイン、シャーシにBMW M社の技術が活かされたスペシャルなモデルであり、高い走行性能を示す専用デザインを採用することで、ひと際高い存在感を放っています。

サーキット走行を想定した「BMW M」モデルと、実用性の高さをより重視したBMWモデルの中間に位置付けられ、スポーツ走行性能と実用性を兼ね備えています。

今回追加された「BMW X3 M40d」は、3.0Lの直列6気筒「M Performanceツインパワーターボ・ディーゼルエンジン」を搭載し、最高出力326PS(240kW)/4,400rpm、最大トルク680Nm/1,750-2,750rpmを発揮。さらに「Mスポーツ・ディファレンシャル」を搭載することで、高いトラクションコントロールに加えて、コーナリング性能も引き上げられているそう。

外観はBMW X3の象徴である立体的で存在感のある大型キドニーグリル、エアインテーク、ミラーキャップを洗練された印象を際立たせる「フェリック・グレー」で統一。さらに、ブラッククローム仕上げのデュアルエキゾースト・テールパイプと、「M40d」のリヤバッチを配することで「M Performanceモデル」としての力強い個性を強調。

新型「BMW X3 M40d」の価格は8,750,000円です。 ※写真は欧州仕様で、異なる仕様も含まれています。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事