CR-V復活までの道のりは決して楽ではなかった!?

国内はもちろん海外でもSUVの人気が高くなっています。高めの車高による見晴しの良さや、広い室内、そして悪路への対応力など、実用性の高さが人気の理由に挙げられます。それに加えて、SUVは見栄えが良いのもポイントです。

数多くのメーカーが手掛けるSUV。もちろん、ホンダも例に漏れません。なかでも13年に発売した「ヴェゼル」はライバルを圧倒する空間効率を誇り、現在でも高い人気を集めていますが、その人気の裏で2016年に国内販売を終えたSUVがありました。それが「CR-V」です。

しかし、「CR-V」は北米や中国を中心とするグローバル市場では販売が継続され、16年にはSUV世界販売1位(ホンダ調べ)を達成したといいます。ただ、当時は日本でのSUV市場がここまで成長することが予想できず、また「ヴェゼル」が「CR-V」の役割を担えると考えられていました。

それから2年。「CR-V」は18年8月に日本市場への復活を果たしました。ただ、復活までの道のりは決して簡単ではなかったと言います。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事