【新車速報】新型ホンダ・CR-Vはパワートレイン、乗車定員、駆動方式が多彩なラインアップ

2018年8月31日より発売される5代目となる新型CR-Vは、ガソリン車に加えてハイブリッド車を設定。さらに5人乗り仕様だけでなくガソリン車に3列シート7人乗りを設定する、多彩なグレード構成が特徴です。ここではCR-Vのインテリアデザインとパワートレインについて紹介します。

新型CR-Vのボディサイズは全長4605mm×全幅1855mm×全高1680mm(4WD車は1690mm)です。先代モデルと比較すると、全長は+70mm、全幅+35mm、全高はFF車で-5mm、4WD車は+5mmと3列シート仕様を設定したことでボディサイズは大型化されています。加えて、タイヤサイズも先代モデルの225/65R17から235/60R18へとサイズアップしています。

ガソリン車、ハイブリッド車の2列シート仕様は室内長1970mm、室内幅1550mm、室内高1230mm(電動パノラミックサンルーフ装着車は1185mm)で、前後シートの乗員距離を示すタンデムディスタンスと後席レッグルームは、先代モデルと比べてともに50mm拡大されています。

さらに、リアシートはシートクッションとシートバックをそれぞれ30mm先代モデルより延長。さらにサイドサポート部に厚みをもたせてホールド感を高めるなど乗り心地の良さと見た目にもわかる上質さを追求しています。

ラゲージ容量は5名乗車時のガソリン車が561L。またハイブリッド車は499L。テールゲートにあるレバーを引くだけで倒れるリアシートをダイブダウンさせると、最大でガソリン車は1123L、ハイブリッド車は1061Lまで拡大。荷室長は1830mmに達します。

また、ガソリン車は耐荷重100kgのフロアボードを使用すれば、床面の高さを上下2段階に調整可能。下の位置にセットすれば荷室容量重視仕様。また上にセットすればシートを倒した時に床面がフラットになるので、積載物の大きさなどで異なる使い方が選べます。

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!