【車中泊女子のキャンピングカー生活】もうすぐ丸5年になるサブバッテリー、そろそろ寿命のサイン?

4月下旬、キャンピングカーの冷蔵庫を『DC(12V)』で稼働させ続けたため、サブバッテリーがピンチに陥ったことがありました。

前回の記事から繰り返しになりますが、我が家の冷蔵庫は一人暮らし用並みの大きさなので12V(サブバッテリー)で稼動させるには電力不足です。すぐにLPガスに切り替え、翌日からはソーラーで満充電となり、幸いな事にそれまで通りに使用する事ができました。

ところが6月になって曇天の日々が続きました。ほぼ1ヶ月間、ずーっと曇りか雨で、晴れても半日程度。ちょうど礼文島と利尻島に滞在していた頃で、名所などの写真を撮るため天気待ちばかり。日中であれば曇天でもソーラーで発電するので、パソコン仕事などしながら車内で過ごす時間が増えていました。

しかし、快晴の日ほどの発電量ではないことは明白です。パソコン程度の消費電力でも、サブバッテリーを満充電にするには足りなかったのではないかと思われます。

クルマを走らせれば(エンジンを作動させるだけでも)走行充電しますが、悪天候のなかドライブをする気持ちにもなれなかったのです。ガソリン代もかかりますし(ちなみに走行充電はメインバッテリー優先で、余ったらサブバッテリーを充電します)。

7月になってもすっきりしない天候の日が多く、ついに蓄電能力が落ちてきて夜9時頃には電力不足により消灯となってしまいました。それでも、まだ落日とともにバッテリー残量切れにならないだけマシです。

このバッテリーは2013年10月に設置したものなので、もうすぐ丸5年。よく保ってくれたと思う反面、「あの凡ミスがなければ…」という後悔の気持ちも強いです。

『車中泊女子のキャンピングカー生活』の最新記事

日本の産業革命を支えた三池炭鉱・万田坑(熊本)【車中泊女子の全国縦断記】
2019年 やりたい事ベスト5【車中泊女子の全国縦断記】
2018年、やってよかった体験ベスト5【車中泊女子の全国縦断記】
2018年、感動のご当地グルメベスト5【車中泊女子の全国縦断記】
2018年、登ってよかった山岳ベスト5【車中泊女子の全国縦断記】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事