ダイハツ トコットのカスタムパッケージは個性を際立たせる3パターン。工賃込みで10万円未満とお得

トコットには3パターンのアナザースタイルパッケージと呼ばれるカスタムパーツのセットが用意されています。これは車両注文時に発注するものです。

ひとつ目がスポーティなクールスタイル。車両全体をスポーティに見せるパーツセットです。

特徴的なのはフロントバンパーの開口面積を大きく見せるバンパー部分のストライプデカール。

ほかにブラックのホイールキャップやミラー、サイドストライプなどが特徴です。

インテリアでも革巻きステアリングや革巻きシフトノブが追加され、助手席正面のパネルがブラックになったりもします。

この記事の著者

ウナ丼

ウナ丼 近影
動画取材&編集、ライターをしています。車歴はシティ・ターボIIに始まり初代パンダ、ビートやキャトルに2CVなど。全部すげえ中古で大変な目に遭いました。現在はBMWの1シリーズ(F20)。知人からは無難と言われますが当人は「乗って楽しいのに壊れないなんて!」と感嘆の日々。『STRUT/エンスーCARガイド』という名前の書籍出版社代表もしています。最近の刊行はサンバーやジムニー、S660関連など。