「GT-R」を何の制約も無く作ったらこうなる!日産がイタルデザインと開発

日産自動車が先頃、「GT-R NISMO」2018年モデルをベースに、GT-Rとイタルデザイン双方の50周年を記念して製作した「Nissan GT-R50 by Italdesign」を発表。

「何の制約も無くGT-Rを作ったらどうなる?」との考えのもと、エクステリア/インテリアデザインを日産デザインヨーロッパ(ロンドン)と、日産デザインアメリカが担当。開発・設計・製造をイタルデザインが担当したそうです。

フロントマスクやフード上のエアインテーク、フェンダーサイド、ドアミラー、トランクリッド、インパネなどに「エナジェティックシグマゴールド」が配されており、50周年を記念して「リキッドキネティックグレイ」に塗装されたボディと相まって精悍な印象を与えています。

車体寸法は全長4,784mm(+94)、全幅1,992mm(+97)、全高1,316mm(-54)、ホイールベース2,780mm(±0)となっており、ミシュラン パイロットスーパースポーツを履いた専用デザインホイール(21インチ)が同車の凄みを増している印象。※( )内数値はオリジナルとの差

搭載されているニスモ製3.8Lエンジン(VR38DETT)は720ps/780Nmを発生。

「Nissan GT-R50 by Italdesign」について、同社は「日産の技術力と日本のデザイン、イタリアのコーチビルディングを結集して、両社の50周年を刺激的にクリエイティブな形で祝福したもの」と説明しています。

まず欧州で同車の公開を予定しているそうですが、日本の「GT-Rファン」向けの公開が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像:NISSAN)

【関連リンク】

日産 GT‐R50
https://gt-r50.nissan/#/jp

『日産自動車』の最新記事

【エクストレイル・ハイブリッド試乗】日産SUVの稼ぎ頭の現行モデルから、次期モデルの姿に想いを馳せる
【エクストレイル・ハイブリッド試乗】モデル末期といえど、国産SUVのベンチマークとして未だに戦える理由とは?
ルノー・日産・三菱アライアンスがコネクテッド戦略を発表。パートナーとしてグーグルと提携
1億円オーバーの国産車対決。スペシャルなGT-RとトヨタのGRスーパースポーツを比べてみたら……
ボンネットは驚きの開き方、リアはハッチバック。GT-R50 byイタルデザインが想像の斜め上を行っていた

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事