「GT-R」を何の制約も無く作ったらこうなる!日産がイタルデザインと開発

日産自動車が先頃、「GT-R NISMO」2018年モデルをベースに、GT-Rとイタルデザイン双方の50周年を記念して製作した「Nissan GT-R50 by Italdesign」を発表。

「何の制約も無くGT-Rを作ったらどうなる?」との考えのもと、エクステリア/インテリアデザインを日産デザインヨーロッパ(ロンドン)と、日産デザインアメリカが担当。開発・設計・製造をイタルデザインが担当したそうです。

フロントマスクやフード上のエアインテーク、フェンダーサイド、ドアミラー、トランクリッド、インパネなどに「エナジェティックシグマゴールド」が配されており、50周年を記念して「リキッドキネティックグレイ」に塗装されたボディと相まって精悍な印象を与えています。

車体寸法は全長4,784mm(+94)、全幅1,992mm(+97)、全高1,316mm(-54)、ホイールベース2,780mm(±0)となっており、ミシュラン パイロットスーパースポーツを履いた専用デザインホイール(21インチ)が同車の凄みを増している印象。※( )内数値はオリジナルとの差

搭載されているニスモ製3.8Lエンジン(VR38DETT)は720ps/780Nmを発生。

「Nissan GT-R50 by Italdesign」について、同社は「日産の技術力と日本のデザイン、イタリアのコーチビルディングを結集して、両社の50周年を刺激的にクリエイティブな形で祝福したもの」と説明しています。

まず欧州で同車の公開を予定しているそうですが、日本の「GT-Rファン」向けの公開が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像:NISSAN)

【関連リンク】

日産 GT‐R50
https://gt-r50.nissan/#/jp

『日産自動車』の最新記事

日産が2025年までに「インフィニティ」を電動車専門ブランドに
【デトロイトモーターショー2019】EVのコンセプトカー「Nissan IMs」が世界初公開。航続可能距離は600km超
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く
【東京オートサロン2019】日産ブースには、オーテック&ニスモの両ブランドの注目モデルも出展。カスタマイズモデルも必見
【東京オートサロン2019】日産ブースの注目はジュークやエクストレイル、エルグランドの超ド迫力カスタマイズモデル

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事