新型トヨタ・センチュリー内覧会で見た1960万円への大きな期待感と意外な装備は?

6月25日、六本木のグランドハイアット東京で開催された東京トヨペットによる新型センチュリーの特別内覧会。

メディア向けの発表会ではなく、東京トヨペットの顧客を招待してのお披露目として開催されるのが内覧会なのですが、さすがにセンチュリーともなると会場は高級ホテルのボールルームとなります。

ウエルカムシャンパン(ノンアルコール)に始まり、フィンガーフードなども用意され、もはやパーティーなのでは?という雰囲気で内覧会が始まっていきます。

東京トヨペット株式会社の大原社長は冒頭の挨拶で、21年ぶりにモデルチェンジをしたセンチュリーの素晴らしさ、そしてセンチュリーという車名の由来を熱く語ります。

初代センチュリーが登場した1967年は明治維新100年、そしてトヨタの基礎を築いた豊田佐吉生誕100周年という意味を込めての車名とのことです。

6月22日に新型センチュリーの発売開始が発表されてはいますが、実際に実車を顧客に公開するのはこの内覧会が初めてということになります。そこで新型発表としてのアンベールが行われました。

『トヨタ・センチュリー』の最新記事

豊田章男社長の愛車は「トヨタ・センチュリーGRMN」! 特注のチューニングモデルで東京モーターフェス2018に登場か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事