プジョーの最新SUV情報!新型2008はさらに個性的に変身

フルモデルチェンジを控える、プジョーのコンパクト・クロスオーバーSUV「2008」のレンダリングCGを入手しました。

予想CGでは、現行モデルでも特徴的だったヘッドライトは、さらに個性的にグリルまで届くLEDデイタイムランニングライトを伴い、より鋭いデザインとされています。また巨大化されたバンパーのエアインテーク、押し出し感を強めたスキッドプレートなどを装備。兄弟モデルの「3008」や「5008」からインスパイアされたデザインとなるようです。

パワートレインは、1.2リットル直列3気筒エンジン、及び1.5リットル直列4気筒「BlueHDi」ディーゼルエンジンが予想されます。また「2008」のハッチバックモデルとなる「208」新型には、EVモデルの設定が噂されています。

キャビンには、PSA最新のテクノロジーを詰めた美しい「i-Cockpit」デジタルインストルメント・クラスタを採用。やはり「3008」と「5008」から継承する、コンパクトなステアリングホイールによりデジタル画面の視認性を高め、8インチのタッチスクリーンディスプレイがセンターコンソールに配置されます。

ワールドプレミアの場は、2018年内から2019年にかけてのモーターショーが予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型マツダ・アクセラは「SKYACTIV-X」搭載で11月デビュー!?
ポルシェ・マカン改良型、新フロントマスク&予想パワートレイン公開!今秋にも登場
フェラーリの2019年に注目!初のSUVと豪華スパイダーを計画中?
次はカブリオレだ!BMW・8シリーズ 派生モデルのホワイトボディをキャッチ
伝説が復活!アストンマーティン「DBS」にオープンモデルを設定へ

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事