地味な対策の積み重ねが基本!? キャンピングカーでの湿気対策【車中泊女子のキャンピングカー生活】

地味な対策ですが、市販の除湿剤に加えて古きよき日本の知恵「炭」も利用しています。炭は呼吸をするように湿度が高ければ湿気を吸い、乾燥していれば吐き出してくれますし、晴れた日に天日干しをすれば再利用が可能です。段ボール箱に入れて、バンク、ベッド下、トイレルームに置いています。

我が家のベッドはソファを展開するタイプなのでクッションがかなり分厚く、冬はいいのですが夏は熱がこもって暑いのが悩みでした。そこで思い切ってクッションを破棄し、市販の3つ折り敷き布団に交換。サイズが合わなかったので、マットを10cmほどカットしました。

もっとも気に入っているのは、ベッドをかさ上げしてスノコ状にしたこと。夏の快適さは以前の比ではありません! ただし冬に寒いからと銀マットを敷いたら敷布がカビてしまったので、毎日こまめに布団を干す事が大切です。なにも外に干さなくとも、かけ布団をはいで敷布だけにしておくだけでもOKです。

以前、保存食についての記事でも触れましたが、冷凍していた食材を解凍すると空気中の湿気が結露して除湿効果が生まれます。もちろん保冷剤があれば手軽で最適です。さらに、そこに扇風機で風を当てれば、なお湿気がとれます。ただし、水滴の受け皿を用意しておくことを忘れずに。

(松本しう周己)

『車中泊女子のキャンピングカー生活』の最新記事
こんな標識(マーク)はご存じですか? 優良ドライバーであることを示す「ゴールドマーク」とは?
日本の産業革命を支えた三池炭鉱・万田坑(熊本)【車中泊女子の全国縦断記】
2019年 やりたい事ベスト5【車中泊女子の全国縦断記】
2018年、やってよかった体験ベスト5【車中泊女子の全国縦断記】
2018年、感動のご当地グルメベスト5【車中泊女子の全国縦断記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事