開催は今年が最後!? 初のパイロットパレードほか、サイドアクトも充実【レッドブル・エアレース2018 千葉】

今年も開催されるレッドブル・エアレース千葉大会。一旦落選からの…と、大会準備期間が短かったためか、昨年のGLAYのライブやゼロ戦のフライトの様な大掛かりなサイドアクトは残念ながら見送られたようです。

しかし、今年も他のイベント会場では見られないサイドアクトが催されます。

大会会場・アクティビティエリアは土日共に10時にオープン、18時クローズとなっています。

5/26(土) – 公式予選日
11:00  フリースタイルモトクロス(アクティビティエリア)
11:20  モーターパラグライダー アクロバット(海上)
12:15  ●マスタークラス – 公式練習2※
13:45  フライボード(海上)
14:10  ●マスタークラス – 公式練習3
15:30  ジェットパックマン(海上)
15:50  千葉市消防局ヘリコプター 「おおとり」レスキューデモンストレーション(海上)
16:00  ●マスタークラス – 予選
17:30  フリースタイルモトクロス(アクティビティエリア)
●はイベントのメイン(エアレース)行事です。
※マスタークラスの公式練習1は5/25(金)に実施予定(一般非公開)。

5/27(日) – 決勝
11:00  フリースタイルモトクロス(アクティビティエリア)
11:40  モーターパラグライダー アクロバット(海上)
12:00  ●パイロット・パレード
13:40  フライボード(海上)
13:50  オープニングセレモニー
14:00  ●マスタークラス – ラウンド・オブ・14
15:00  ジェットパックマン(海上)
15:10  千葉市消防局ヘリコプター「 おおとり」 レスキューデモンストレーション(海上)
15:30  フリースタイルモトクロス(アクティビティエリア)
16:00  ●マスタークラス – ラウンド・オブ・8
16:30  ●マスタークラス – ファイナル4
16:55  ●マスタークラス – 表彰式(※昨年は浦安PV会場で実施)

海上でのフライボードやモーターパラグライダーなどエアレース会場ではお馴染みでも、なかなか挑戦できないアトラクションに加え、「ジェットパックマン」が登場します。

この「ジェットパックマン」、ロスアンゼルスオリンピックの開会式で飛行した「ロケットベルト」の現代版。使用されるジェットパックJB-10は会場を33m(100ft)で飛行の予定ですが、実は時速100kmで6500ft(2000m)まで上昇・飛行出来るスーパーデバイス。

開発したのはジェットパック・アビエーション社。VTOL(垂直離着陸)車の開発もしているベンチャー企業です。今回パイロットを担当するのはジェームズ・ボンド…ではなく同社CEOのディビット・マイマン氏。正に「空飛ぶ経営者」。

なお、JB-10は過去には販売実績がありますが、現在は積極的な販売はされていない様です。

前戦カンヌの中継ではほかにも「フライボード・エア」というパーソナルデバイスで人が飛行している映像が流れましたが、残念ながらこちらは来日しないようです。興味のある方はZAPATAで検索してみて下さい。

『レッドブル・エアレース』の最新記事

室屋選手は3位を獲得も、決勝初戦は強敵との対決に。予選は好調グーリアンが制す【レッドブル・エアレース2018 千葉】
フリープラクティス2・3も接戦模様。室屋選手の意気込みは?【レッドブル・エアレース2018 千葉】
室屋選手は5位発進。各選手のタイム差が近い接戦の様相【レッドブル・エアレース 2018 千葉】
チャンピオン室屋選手、3連覇の意欲を語る【レッドブル・エアレース2018 千葉】
室屋選手、初開催カンヌで新兵器を投入。大接戦の模様を呈したラウンドの結果は?[レッドブルエアレース2018・フランス]