GWは要注意! やってますよ~、スピード違反の取り締まり【2018年度版・ネズミ捕り編】

幹線道路をメインに実施されていた非定置式速度取り締まり、いわゆる「ネズミ捕り」。それが今後は、持ち運びできて神出鬼没の「移動オービス」が活用されることになりそうです。最近増えているZONE30などの生活道路もターゲットになりそう。

つまり、これからは買い物や子供の送り迎えなど、ごく日常的なシチュエーションでもスピード違反で捕まる可能性が高まる、ということなのです。

上の写真は、東京航空計器製のLSM-300。速度計測に「レーザービーム」を使った新世代移動オービスです。レーダー探知機が効かない強みを持つものの、計測の正確性は疑問という声も。

こちらはオーソドックスなレーダー式で速度計測する、SENSYS MSSS。生活道路対応の固定式オービス・センシスSSSの開発元でもあるスゥエーデンの計測器メーカーSensys Gatoso Group製。

『交通取り締まり』の最新記事

2018年のオービス取り締まり件数は5万以上。その中で圧倒的に多い都道府県はあそこだった!
火の付いた爆竹を道路に投げて書類送検! 知らなかったでは済まない道交法違反の意外な規定とは?
「5分以上かけろ」と指示!? 駐禁取り締まりを行う『駐車監視員の不思議な行動』には「秘密の理由」があった!
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決
駐禁ステッカー貼られても出頭しないほうがお得ってホント!?→出頭しなければ違反点数ナシ!【取り締まりQ&A】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事