警察庁、新東名と東北道の最高速度120km/hに見直しへ!

警察庁が3月24日、高速道路の一部区間の最高速度を現行の100km/hから段階的に120km/hへ引き上げる方針を固めたそうです。

NEXCO

走行実態と規制速度の乖離を埋め、利用効果を高めるのが狙いで、2017年以降に新東名と東北道で110km/hへの引き上げを試行後、全国の高速道路へ展開する予定。

試行を行うのは静岡県の新東名 御殿場-浜松いなさジャンクション間の約145kmと、東北道の花巻南-盛岡南インターチェンジ間の約31kmを予定しているそうで、具体的な実施時期は静岡県と岩手県の公安委員会が決定するそうです。

『交通取り締まり』の最新記事
パトカー全体像
幻ではなかった! ついに姿を現した最新のレーザー式速度測定機「LSM-200」って何!?
ながらスマホ運転
12月1日から『ながらスマホ』運転が厳罰化!2秒以上の画面注視で違反。反則金は60億円の増収に!?
反則金を払わなければ「ほぼ100%不起訴」! その裏付けデータを公開する!!
オービス
「これは別人だ!」写真がぼやけてて本人と特定できず、オービス裁判で逆転無罪判決
センシス製オービスの三面図
300キロまで測定&カラー写真をUSBに保存! スウェーデン製新型オービスの恐るべき高性能【新型オービス否認裁判・後編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事