【モーターファンフェスタ2018】GT-Rのエンジンを積んだハイエースが川畑真人選手のドライブでサーキットデビュー!?

東京オートサロン2018で大きな話題を呼んだ、NISSAN GT-Rのエンジンをぶち込んだモンスターハイエースがモーターファンフェスタ2018のVITABONブースに登場。

話題のクルマとあって、このモンスターハイエースの周りは黒山の人だかり。そのモンスターハイエースがモーターファンフェスタ2018目玉のひとつ、スーパーグリッドウォークにも登場するというのです。

富士スピードウェイのホームストレートに、国内外からあらゆるジャンルの名車・旧車・珍車がズラリと並ぶスーパーグリッドウォーク。

スーパーグリッドウォークに並ぶということは、このモンスターハイエースがサーキットデビューするということを意味します。スーパーグリッドウォークへのアウトラップでは、モンスターハイエースのオーナーさんがドライブ。

グリッドに並べられたモンスターハイエースはやはり大人気の大盛況。するとそこによくお見かけするスーパースターが。そう、D1グランプリでNISSAN GT-Rをドライブする現役D1スターにして、もはやレジェンドともいえる川畑真人選手と、同じくD1グランプリのスタードライバーである内海彰乃選手が、楽しげにモンスターハイエースを覗き込んでいます。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事