【モーターファンフェスタ2018】公道を走れるレーシングカー「3-ELEVEN」など3台のピュアスポーツカーを出展したロータス

英国を代表するスポーツカーブランドであるロータス。2018年4月22日に開催されたモーターファンフェスタ2018in富士スピードウェイ(MFF)では、3台のピュアスポーツカーを出展しました。

3台の中で最も注目されたのが、全世界で311台のみ限定生産されたロータス・3-ELEVEN(3-イレブン)です。妥協をしないロータスのスピリットの元にデザインされた3-ELEVENは、純粋にパフォーマンスを追求し、ロータス伝統のハンドリングと走行性能を両立しています。

全長4120mm、車両重量925kgという軽量なボディに最高出力416ps・最大トルク410Nmを発生する3.5LV6スーパーチャージャーエンジンを搭載。最高速度は280km/h。0-100km/h加速は3.4秒というパフォーマンスを実現。

今回展示された3-ELEVENは「ロード」と呼ばれる2人乗りですが、1人乗りのレース仕様も用意されています。まさに速く走ることだけを追求したモデルという言葉がピッタリはまる3-ELEVENの車両本体価格1459万8000円~2025万円となっています。

そのほか、ロータスのエントリーモデルとなるエリーゼの最上級モデルとなるエリーゼ・スプリント220とエキシージ・スポーツ350を展示。

エリーゼ・スプリント220は無駄なモノを削ぎ落とし、徹底的な軽量化を図ることで乾燥重量はわずか798kgという軽さを実現。運転席後方に搭載されるエンジンは最高出力217psの1.8L直4+スーパーチャージャー。0-100km/h加速はわずか4.5秒というパフォーマンスを発揮します。車両本体価格は745万2000円です。

エキシージスポーツ350はロータスユーザーが期待するライド&ハンドリング性能、衝撃的なドライビング。そして卓越したパフォーマンスをすべて兼ね備えたモデル。エキシージの究極の進化系として従来以上に軽量かつ最速の最新モデルです。

搭載するエンジンは最高出力350ps、最大トルク400Nmを発生するパワフルな3.5LV6スーパーチャージャー。最高速度は274km/hで0-100km/h加速はわずか3.9秒というポテンシャルを誇ります。

エキシージスポーツ350の車両本体価格は972万円。プラス50万7600円でパドルシフト付6速ATも選ぶことができます。ドライバーとクルマが一体になる。そんなフィーリングを味わいたいのならロータスはベストな選択と言えるでしょう。

(萩原文博)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事