アメリカでレクサスの第1四半期販売が3.8%増に。SUV人気により「NX」「RX」が好調

トヨタ自動車発表によると、米国における第1四半期(1~3月)のレクサス車販売台数は6万4,211台。

北米レクサスのジェフ・ブラッケン副社長は「レクサスが前年同期比で約4%の売上増(+3.8%)を達成した。これは「NX」や「RX」のようなSUV需要によって加速されたもの」としています。

「NX」は前年同期比で18.4%増となる14,327台、「RX」についても同9.9%増の23,790台を販売。

また、3月の販売台数についても「NX」が前年同月比4.3%増の5,859台、「RX」が同3.9%増の9,814台と、米国におけるSUV人気を反映して好調で、高級セダンの新型「LS」も同72.4%増の1,008台と出足好調。

レクサスでは今後も新型SUV「UX」を含め、2018年後半に向けて販売攻勢を増していくとしています。

Avanti Yasunori・画像:Lexus)

【関連記事】

トヨタが5代目「RAV4」をワールドプレミア!日本では来春発売
https://clicccar.com/2018/03/30/573459/

トヨタが世界戦略車・新型「カローラ・ハッチバック」を初公開
https://clicccar.com/2018/03/29/573247/

米国で日本製SUVが人気!昨年の販売台数首位は40.8万台のトヨタ「RAV4」
https://clicccar.com/2018/03/25/571517/

今冬発売予定のレクサス「UX」は都会派のコンパクト・クロスオーバーモデル
https://clicccar.com/2018/03/09/566801/

次期「スープラ」は全長が短縮される? ショーモデルから量産仕様を占う
https://clicccar.com/2018/03/08/566508/

【関連リンク】

Lexus USA
http://www.lexus.com/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事