【日産・セレナe-POWER試乗】100%電動車になってもラゲッジスペースに犠牲はなし

日産セレナに追加されたe-POWERは、1.2リッターエンジンで発電、最高出力100kW・最大トルク320Nmのモーターで前輪を駆動するシリーズハイブリッドのミニバンです。ハイブリッドとしてみると2モータータイプという分類もでき、ヴォクシー/ノア/エスクァイアのトヨタハイブリッドシステムやステップワゴンのスポーツハイブリッドi-MMDと同じ土俵で勝負するパワートレインといえます。

とはいえ、トヨタハイブリッドシステムが1.8リッターエンジン、ホンダのi-MMDが2.0リッターエンジンを搭載しているのと比べると、セレナの1.2リッターエンジンというのは、心もとないと感じるかもしれません。しかし、シリーズハイブリッドにおいてエンジンというのは発電機ですから、バッテリーの余裕があれば動力性能への影響は少ないのです。実際、セレナe-POWERの市街地走行では、まったく不満を感じないものでした。

こうしたパフォーマンスの満足度につながっているのは、走行用バッテリーの総電力量(1.8kWh)がウェルバランスだということが挙げられます。単純に考えるとバッテリーを積めば積むほど動力性能に余裕が生まれると思うかもしれませんが、バッテリーを積みすぎると車両は重くなりますし、バッテリーによってキャビンが狭くなるなどの悪影響が出てきます。

セレナe-POWERでは1列目シートの下に、走行用のリチウムイオンバッテリーを積むことで、マルチセンターシートこそ失ってしまいました(そのためe-POWERは7人乗りしか設定されていません)が、2列目から後ろへの影響は最小限にとどまっています。

そのポイントは起動時に使う補機用12Vバッテリーの位置にあります。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事