Z1-R的な存在!? Kawasaki Z900RSのカフェスタイルが登場

去年の暮あたりに発売が決定し、つい先日から予約が殺到しているというZ900RS。名車「Z」の名を持ったバイクの復活とだけあって超盛り上がってます!

しかしそれもつかの間、カフェスタイルを出して更に追い打ちをかけるようです!

2018年モデルからZに新たなバリエーションを追加してきたカワサキ。今回はカフェスタイルの「Z900RS CAFE」ただでさえネオレトロなZ900RSをもう一歩踏み込んでカフェにしたモデルなんです。 

スタンダードモデルからの変更点はかなり細かい設定。わかりやすいところで言えばカフェレーサーの定番、ビキニカウルが付いています。しかも形が車体の雰囲気に合っててかなりいい感じ!

他にはこちらも定番の段付きシート。補足後ろに伸びたテールと相性抜群です。あとはハンドルのポジションを低く、ミラーを短く、マフラーにカバーが付いたり、エンジンカバーには専用のエンブレムまで。

普通に聞いたら「そんな微々たる違いかよ!」と思ってしまいますが、この細かな変更により、スタンダードよりもレーシーなスタイリングを実現してるんです。恐るべし、カワサキ!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事