まるで「パドックスクーター」!? ヤマハ「MAJESTY S」「シグナス-X」に追加されたSEモデル

ヤマハの人気スクーター「MAJESTY S」「シグナス-X」に数量限定でスペシャルエディションが追加されました。レースに詳しい人なら見たことある「あのスクーター」みたいな感じ!?

■シグナス-X XC125SR SPECIAL EDITION

シグナスXのSEモデルは限定700台。スタンダードモデルに比べて、スポーティなイメージを強調し、ヤマハレーシングチームのシンボルでもある「スピードブロック」がサイドカバーに入っています。

ほかにも専用エンブレムや、ゴールドのキャリパーなど、スペシャル感が漂う仕様。これってどっかで見たことあるなーと思ったらGPレーサーがサーキットでコース下見や移動に使っているパドックスクーターみたいな雰囲気があるんですよね。

「movister」と「46」のステッカーなんて貼ったらまんまロッシの専用マシンになってしまいそう…。普通よりちょっと豪華に、バイク好きを唸らせるモデルです。

■マジェスティ S XC155 SPECIAL EDITION

マジェスティSは限定500台。こちらもブルーを基調にスピードブロックが入っていてレーシングイメージが強くなっています。

もちろん専用エンブレムにゴールドキャリパーも採用。125よりもちょっとパワーが欲しいなぁ、という方はこちらがおすすめです。

両モデルとも発売は2017年2月10日となっています。初めてのバイクに、通勤通学のセカンドバイクにも便利な実用性抜群のSEモデルです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事